作品のところにも書いてあったように、『魔女の宅急便』のジジの練習用にと折ったものです。
(なぜジジを直接折らないのかというと、目をインサイドアウトしようとして頭のカド配置に悩み今は寝かせてるから…)

今回は座ってるポーズで創作していきます。

「猫背」と言われるくらいなので、一般的に猫の背中は丸いですが、ジジの場合はどっちかというと胸を張ってる感じ?
アニメならではの表現といったところですかね。

IMG_20180423_101738
↑こういうイメージ。

この胸を意識して創作を始めていきます。

まず、その胸の部分だけ。
立体的に表現させたいなー。

IMG_20180423_101914
↑22.5度ベースでこんな感じ。

そこに手の部分と、首の部分を接続するため、領域を追加。

IMG_20180423_102154
↑まだまだ。

これに後脚の領域を追加。

このときは胸の部分を練習したいと思ってただけなので、顔とかまで折るつもりじゃなかったけど、数日寝かせたところ「なんか顔も折れそうじゃね?」ってなって、いじったら顔ができた。

ポーズは最初から座ってるやつと決めているので、手と足はくっついててもそれっぽく見えれば大丈夫。
そもそも、手足を別々に折ると領域をかなり食ってしまうため、くっついてる方が紙の領域の消費量が少なく済むのでこれで良し。

IMG_20180411_012045
↑形にはなってるが、実は足としっぽらへんが曖昧。

15cmの紙だと誤差がぎりぎり許容されて折れてるように見えるだけ。
このままだと折りたたみ不可能なので、oripaで展開図を描いてみる。

sketch-1523377621004
↑明らかにずれてるのでしっぽ周りを基準に胸の幅を少し大きくすると、

cat-copy
↑こうなった。

これに沿って折ってみる。

DSC_2039

上手くいったぜ!

IMG_20180423_102538
↑首裏はノリ無しで形が極まるような構造になってる。
偶然の産物…



今回学んだこと
「創作に行き詰まっても、ちょっと寝かせてみることで今までとは違う視点で見ることができ、いい作品が生まれるかもしれない。」

ということで、折りゴミは溜めておくことにします。

今回はこのへんで(´ー`)ノ